【まごわやさしいだけじゃない!】腸活に効く食材。美味しく、手軽に食べられる

Uncategorized

 「まごわやさしい」はとても良い食材ですが、これ以外にも優れた食材は数多くあります。この記事では、特に手軽に入手でき、継続的に摂取していける食材を紹介します。栄養は、1度食べれば健康になるというものではありません。明日、明後日には、明日、明後日のための栄養が必要です。長く続けられるよう、簡単なことから始めて行きましょう。

卵は完全栄養食。腸活に最適

 卵は完全栄養食と呼ばれ、ビタミンCと食物繊維以外の全ての栄養を含んでいます。調理方法も、玉子焼き、目玉焼き、炒り卵など、とても簡単です。野菜といっしょに摂取できる調理方法が多いのも嬉しいですね。昨今は価格が高くなってきていますが、十分に買う価値のある食材です。

ミックスナッツは、腸活に必要な栄養の宝庫

 一般的なミックスナッツは、アーモンド、カシューナッツ、くるみの3種類が1つの袋に入っているものです。味付けのされていない、素焼き、素炒りのものを選ぶことが推奨されています。値札を見ると高額に感じますが、徳用のものだと完食するのにかなりの日数を要します。もちろん1日に食べる量には個人差がありますが、我が家では900円程度/369グラムのものを、約1週間で消費しています。1週間で1000円、1ヶ月で4000円は高く感じられる人もいると思います。しかしおやつとして、1日100円、身体に悪いお菓子を買って1週間で700円と思うと、ナッツのほうが良いと考えています。

原材料名に「かつおのかれぶし」とある鰹節は、発酵食品

 腸活には、発酵食品を摂取すると良いです。あまり知られていないけれど身近にある発酵食品として、鰹節があります。ただ、スーパーで売っている鰹節には発酵しているものとそうでないものがあります。原材料名に「かつおのかれぶし」とあれば、それは発酵している鰹節です。多くの料理に使うことができますので、ぜひ探してみてください。

手軽に摂取できる果物、バナナ。栄養豊富

 果物を食べると身体に良いとされていますが、どの果物を食べようか難しく考えている方も多いと思います。一番は、自分の好きなもの、美味しいと思うものを楽しみながら選ぶことですが、迷っている方にはバナナを提案します。バナナは栄養価が高いことで知られていますが、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの材料であるトリプトファンを含んでおり、気分の改善にも良い食材です。

 バナナは、実際に生活に取り入れてみると、その利便性の高さに驚かされます。安価で、持ち運びができて、常温で放置しても悪くならず、皮を剥いてから食べ終わるまでにかかる時間が短く、いつでもどこでも手軽に食べることができます。

 以上、「まごわやさしい」以外の食材について紹介してきました。この記事で紹介した食材は、私もほぼ毎日食べているもので、多くの方が食生活に加えることができるのではないかと思います。腸活は、とにかく手軽にできることが大切です。腸内環境に良い食材は、あなたがいつも行くスーパーにたくさんあります。ぜひ、ご自身の暮らしに合った食材を楽しんで探索してみて欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました